For Wonderful Life

日々の暮らしの中で
お客様に寄り添ったサービスを提供し
素敵な毎日が送れるよう貢献していきます。

ごあいさつ

日々の暮らしが、素敵な日常であるように

「私たちは社員の幸せを通し、お客様の素敵な日常に貢献します」
創業から140年目を迎え、イトマンは経営理念を新たに更新しました。
時代の変化の中で、私たちの目的は何か?過去の歴史を紐解き、また地域社会の中でイトマンの役割に思いを馳せながら、この答えを2年掛かりでまとめ、新たな経営理念を手にすることができました。これは雇用の創出を目的として社会へ貢献していく、また社員の幸せを通し、お客様へのサービスを高めていくと言う私たちの使命を言葉にまとめました。

この使命を目指すイトマンの事業は、今後10年で確実な成長を目指しています。製紙を中核とした「業務用家庭紙事業」、「ギフト事業」と共に、新たに商品投入を開始した「メディカル事業」、そして今後「アグリー事業」へと事業領域を拡大し、4事業体制で法人需要に対するサービスの提供を進めていきたいと考えています。
お客様の日常に必要とされる消費財を、独自の商品でご提案していく為、新しいアイデアと絶え間ない新商品でご期待に添いたいと思います。

国内では、人口減少と共に少子高齢化が進行する、社会構造の変化が進んでいます。様々な予期せぬ課題に直面し、その変化のスピードも速くなっています。こういった課題に向き合い、共に地域を守っていくのも企業だという気概をもって、そこに暮らす人々が人間らしく豊かに生きていける地域づくりに貢献できればと願っています。
これまで生かして頂いた感謝と、私たちに課せられた役割をしっかり意識しながら、新たな挑戦を始めていきます。 皆様の日常が、喜びと感動の中にありますように。

*
代表取締役社長伊藤 俊一郎

経営理念

私たちは社員の幸せを通し、
お客様の素敵な日常に貢献します。

イトマンに集い、働く、一人ひとりの社員が「幸せ」でいられること。それが、お客様や、共に働く仲間を同じ気持ちにしていきます。
そして、その気持ちがあればこそ、お客様の素敵な日常に貢献していけるのです。

「幸せ」とは
私たちが考える幸せの定義、「愛にあふれた状態=私自身がお客様や仲間のために役に立ちたい。その気持ちを行動に移し、喜んでもらうことで喜びを感じる状態」を指します。私が「幸せでいる・喜んでいる・笑顔でいる・わくわくしている・楽しんでいる」状態でいればお客様や仲間を同じ気持ちにさせることができると考えます。
「素敵な日常」とは
お客様の幸せな日々の暮らしを指しますが、私たちはさらに、お客様が日々の日常生活の中で、日常に寄り添った消費材というサービスを通じて、「快適さ・笑顔・喜び・わくわくする期待感を感じている状態」であると考えます。
共に幸せを共創(共感・響感)する一翼を担っていきたいと考えています。

会社情報

*

社名 イトマン株式会社
所在地 〒799-0111 愛媛県四国中央市金生町下分681番地
代表者 伊藤俊一郎
法人設立 明治10年 創業
昭和36年9月 伊藤萬製紙株式会社 設立
昭和55年2月 イトマン株式会社に社名変更
資本金 240百万円
社員数 165名(平成29年8月末現在)
内役員5名(常勤3名、非常勤2名)
事業内容 古紙パルプを主原料とする衛生用紙(家庭紙)の製造販売
関連会社 イトマンリテール株式会社
愛媛パルプ協同組合
アイネット株式会社
スバル株式会社
主要商品 トイレットペーパー、ティシュペーパー、ペーパータオル
ちり紙、家庭紙をベースとしたギフト商品、シートペーパー
お茶パック ほか
ISO認証 環境マネジメントシステム取得(2004〜)

会社案内PDFダウンロード(1.1MB)

組織図平成29年9月1日現在

組織図

沿革

明治10年

初代伊藤政助が手漉業を始める
昭和36年

伊藤萬製紙(株)を設立し、1号機を設置しトイレットペーパーの抄造を始める
昭和38年   需要の増大に伴い2号機を増設し、生産能力を3倍に増強
三共紙器工業(株)を設立し、代表取締役に伊藤俊次が就任する
昭和41年   新鋭3号抄紙機を設置
昭和42年

日本工業規格表示許可工場となる
昭和44年   中小企業長官賞を受賞し、合理化優良工場となる新鋭5号抄紙機を設置
昭和46年

新鋭6号抄紙機を設置
三共紙器工業(株)から、伊藤萬工業(株)に名称変更
昭和47年

愛媛パルプ(協)完成と同時に、古紙パルプの購入を始める
昭和48年

家庭紙業界最大級の7号抄紙機及び冷暖房完備の近代的仕上工場を完成
昭和52年

ティシュ加工機を設置しカートンティシュの生産を始める
昭和55年

イトマン株式会社及びイトマン工業株式会社に社名を変更し、商標を一新する(※写真上)
2号機をスクラップし、高速新2号抄紙機を設置する(※写真下)
昭和59年   7号機をスクラップし、高速新7号抄紙機を設置する
昭和60年   トイレットペーパーのエンボス加工を始める
昭和63年

スバル(株)設立と同時に、お茶パックやシートペーパーの販売を始める
平成2年

アイネット(株)設立と同時に、各種情報化、物流の合理化を促進する
平成4年

コアセルフ(紙管なし)の生産を始める
平成8年

3号機をスクラップし、高速新3号抄紙機を設置する
ペーパータオル(ソフトタイプ)発売(※写真上)
ペーパータオル(ハードタイプ)発売
モナリス(主原料ミルクカートンパルプ)の生産開始(※写真下)
平成10年   兵庫県知事より環境にやさしい事業者賞を受賞する
平成11年

プリント製品生産開始
平成13年   イトマンとイトマン工業が合併する
平成16年   ISO14001環境マネジメントシステム承認(審査登録)
経営理念を更新「Recycle & HappyLife」を企業テーマとする
代表取締役社長に伊藤俊一郎が就任する
平成17年

商品開発室開設
金生工場ティシュ製造ラインリニューアル(※写真上)
ギフト事業開始(初代クリスマス商品発売)(※写真下)
平成18年

下柏工場操業開始
平成19年   未来事業推進会発足
平成20年

東京出張所開設
雑貨EXPOギフテックス2008に出店(※写真)
平成21年   経済産業省より雇用創出企業1400社に選ばれる
平成22年   環境理念を更新
営業部、物流部を統合しマーケティング本部へ改名
平成23年

金生工場に太陽光発電設置(30kw)
大阪営業所移転に伴い、マーケティング本部を大阪営業所内へ移転(※写真上)
東京出張所の移転と同時に東京営業所に昇格
モナリスブランドリニューアル(※写真下)
愛媛県より愛媛の誇れる企業50社に選ばれる
平成25年

愛媛県より優良循環型事業所の認定を受ける
メディカル事業開始(採便シート発売)
平成26年

イトマンリテール株式会社を設立する(※写真上)
イトマンブランドリニューアル(※写真下)
平成28年

愛媛経済同友会より第1回愛媛ふるさと環境大賞を受賞する(※写真上)
JapanFeelingブランド発売開始(※写真中)
ここえみブランド発売開始(※写真下)
平成29年

経営理念、CI更新を行う(※写真上)
事業所名称を営業所からオフィスに改名
横浜DC開設
長尺200m発売開始(※写真下)
平成30年

四国経済産業局よりエネルギー管理優良工場を受賞する

Mediaメディア

リンク

関連会社
おすすめ